トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

どうか、日蓮正宗へ入信して下さい。

どうか、日蓮正宗へ入信して下さい。
 世の中にはたくさんの宗教、宗派がありますが、そのどれもが、友達を大切にしましょう、親孝行しましょう、先祖供養をしましょう、勧善懲悪?(かんぜんちょうあく)、一日一善、因果応報?(いんがおうほう)など良い事を説いています。
 しかしそれは儒教や道徳でも言う事であって、その宗教の中心根幹の教えではありません。言わば富士山の裾野の部分、私たちの爪や髪の毛のようなものであって、教えの一部ではあるけれども、教えの本体そのものではない、のです。
 聡明そうめい なあなた様には是非そうした勧誘(かんゆう) の美辞麗句(びじれいく) だけでその宗教を判断するのではなく、いったいその宗教は何を信仰の対象としているのか、何故(なぜ) 正しいと言い得るのか、どういう次第(しだい)を経て今、自分は勧められているのか、という事に着目して頂きたいと思います。
 日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん) 様は末法に生きる私たちに狒瓦討諒様が悟りを開く事が出来た根本の法瓩魘気┐堂爾気い泙靴拭それ故に私たちは日蓮大聖人様を猖法に敢えて私たちと同じ恰好をして出現された尊い仏様瓩い─∧様の中でも成仏瓩箸い根本の法を説かれる御本仏様(ごほんぶつ)さまであると崇拝申し上げているのです。
 その根本の法とは日蓮大聖人より大石寺(たいせきじ) の歴代猊下(げいか) が師から弟子へと厳格に現代にまで伝えている三大秘法(さんだいひほう) の御本尊(ごほんぞん) に対する信心・修行です。
 この信心をすると誰でも、どんな境遇(きょうぐう) の人であっても、その身そのままで素晴らしい仏様の境界(きょうがい) を身に顕わす事が出来るのです。
 このような宝が世の中には存在し、あなた様はまだそれを手にしていないのです。大変もったいないことでありますので、どうか日蓮正宗へ入信して下さい。是非一度、御参詣にお出かけ下さい。

本 種 坊

最終更新時間:2013年07月03日 10時19分20秒