トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

毘摩大国の狐

毘摩大国の狐(びま大国の狐)


これは聖愚問答抄に引用されているお話です。
昔々、インドの毘摩(びま)大国という国に、腹ぺこで死にそうなライオンが居ました。
もしも今日、獲物にありつけないと、俺は死んでしまう。獲物を見つけたら絶対に仕留めなければ!
ライオンは必死でした。
そこに狐が現れました。狐はライオンに気がつくと、死にものぐるいで逃げ回りました
しかし相手は百獣の王・ライオン。力もスピードもかなうはずはありません。
やがて狐はライオンに追いつかれ、まさにツメ先で捕らえられそうになったとき――、
狐はちょうどそこにあった古い井戸に落ちて、運良くライオンのツメ先から逃れることが出来ました

狐は井戸の底から、
「やーいやーい間抜けな腹ぺこライオン、ここまで降りて来れるもんなら降りてきてみーろ!!お前なんかに食われてやるもんか!」
とあっかんべーをしました。
ライオンは井戸の周りをウロウロしならがしばらく考えていましたが、やがて諦めて、どこかへ行ってしまいました。

狐はライオンの気配がなくなって、どうやら逃げおおせた、と胸をなで下ろしました。
そして改めて自分の落ちた井戸の底の周囲を調べてみると、どこにも足場がない。
これではよじ登ることが出来ない。
自分が絶望的状況に陥ったことを悟った狐は色々なことを考えました。

きっとこのまま井戸から外に出れないでは、食べ物もなく、自分はのたれ死んでしまうだろう。
折角ライオンから逃げおおせたというのに、これでは何にもならない。
あのライオン、必死だったなー。もう腹ぺこで死にそう、って顔をしていたよ。
こんな誰も知らない暗い井戸の底で、俺の死って一体何の意味があるんだろう。
こんなことならいっそのことあの腹ぺこライオンに食われてやれば良かった。
あいつだって群れに帰れば腹を空かせた子供が居たかも知れない
あいつに食われていれば、少なくとも俺の死は無駄にはならなかったはずだ。
おかしな話だよな、ついさっきまではライオンに食われまい、生きたい、と願っていたのに、
今はこんな気持ちになっているなんて。
そして狐はこんな事をつぶやきました。
「ある人は生きたいと願い、死にたくないと願うが、
 ある人は死にたいと願い、生きていたくないと願う」

誰も知らない、古い枯れ井戸。暗いその井戸の底での狐のつぶやき。
誰一人として気がつかないはずのその声に、気がついた人がいました。
それは天上世界にいる帝釈天です。
帝釈天は、このつぶやきを聞き、
「この狐、なにやら尊い悟りを得たに違いない」
と思って、
井戸のへりまで行って狐に言いました。「おい狐! お前は何をそこで悟った?言ってみろ」
すると狐は言いました。

「かりそめにも、人に物を尋ねるなら弟子の礼を取るのが礼儀だろう。
そのような高いところから師匠を見下して言ってみろとは何事だ」
帝釈天はもっともなことだと思い、狐を井戸から出して、下座に座り、改めて教えを請いました。
すると狐は、
「有人楽生悪死有人楽死悪生」
と悟った内容を説いた、のでした。


(真偽未決 身延山御書 新定二三〇九)
昔毘摩大国と云ふ国に狐あり。師子に追はれて逃げけるが、水もなき渇井に落ち入りぬ。師子は井を飛び越えて行きぬ。彼の狐井より上らんとすれども深き井なれば上る事を得ざりき。すでに日数を経る程に飢え死なんとす。其の時狐、文を唱えて云わく、禍いなるかな。今日苦に逼められて便ち當に命を丘井に没すべし。一切の万物皆無常なり。恨むらくは身を以て師子に飼はざることを。南無帰命十方仏。我が心の浄くして已むこと無きを表知したまへ文。文の心は、禍ひなるかな。今日苦しみにせめられて即ち当に命を渇井に没すべし。一切の万物は皆是無常也。恨むらくは身を師子に飼はざりける事を。南無帰命十方仏、我心の浄きことを表知し給へと喚りき。爾の時に天の帝釈 狐の文を唱ふる事を聞き給ひて、自ら下界に下り、井の中の 狐を取り上げ給ひて、法を説き給へと宣べ給ひければ、狐の云く、逆なる哉、弟子は上に師は下に居たる事をと云ひければ、諸天笑ひ給へり。帝釈誠にことわりと思し食して、下に居給ひて法を説き給へとの給ひければ、又狐の云く、逆なる哉、師も弟子も同座なる事をと云ひければ、帝釈諸天の上の御衣をぬぎて重ねて高座として、登せて法を説かしむ。狐説いて云く、人有り生を楽ひ死を悪む。人有り死を楽ひ生を悪むと云々。文の心は、人有って生くる事を楽って死せんことをにくみ、又人有って死せんことを願ひて生ん事をにくむと。此の文を狐に値ふて帝釈習い給ひて狐を師として敬はせ給ひけり。



只経文を先とすべし。身の賤きをもて其の法を軽んずる事なかれ。有人楽生悪死有人楽死悪生の十二字を唱へし毘摩大国の狐は帝釈の師と崇められ、諸行無常等の十六字を談ぜし鬼神は雪山童子に貴まる。是必ず狐と鬼神との貴きに非ず、只法を重んずる故なり。(聖愚問答抄389)


寿量演説抄(歴全4−156)にもあり。
[説話,]

最終更新時間:2020年08月03日 11時24分58秒