トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

法華講

法華講

 概要

法華講(ほっけこう)とは日蓮正宗の信徒団体の総称。
本門戒壇の大御本尊の脇書きに

「法華講衆等敬白、弘安二年十月十二日」(富要八巻一七七蓮

とあり、大聖人の御在世より使われている名称である。
平成3年11月28日に破門となった創価学会も、法華講の一講中として存在していたのであって、法華講とは別の団体であったわけではない(だから池田大作は法華講講頭という立場にいた)
総称であるから、各寺院の指導下にある〜寺支部、或いは寺院のない地域(例えば海外など)では信者が寺院建設を切望し、宗務院の直接の指導下にある〜講というような組織など様々であるが、須く法華講連合会?に属しているが、師弟相対という信仰上の道理により、僧侶・ひいては猊下指南を拝信し信行に励む事が欠くべからざる要素である。


[用語,,教義]

最終更新時間:2013年05月25日 01時25分29秒